読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

09,April

十年後の今日 僕が笑っていられるように

人生何が起こるかわかりません。

私がV6にハマって、なんやかんやで2年になろうとしているわけですが。
どっぷり堕ちていったきっかけとか、私も振り返ってみようかなーと思います。

実は、ジャニーズにはまったのは今回が初めてではなくて。
金田一少年がきっかけで、キンキが好きだったが時期が少しありました。
とはいえ…CDを買って、TVに出てたら見る…くらいのゆるいお茶の間ファンでしたが。
(ちなみに、つよしファンでした)

いつしかキンキからも離れ…その後〜V6にハマる前のことは語り始めるとムダに長くなるので割合しますが(笑)


きっかけは、SPでした。

それもドラマじゃなく…SP野望篇の宣伝番組。
たまたまその番組を見て、無性にSPというドラマに興味を持ち始めて。
映画を観に行ってみたいけど、まずドラマを見ておかないと意味わからんなーと思って、すぐツタヤに走りました。
それが、確か2010年の10月30日のことです。

ドラマも凄く面白くて、数日後に野望篇を観に行きました。
確か、2回くらい観に行ったと思う。
(ちなみに革命篇は3回行った/笑)

SPですっかり岡田准一という男に興味を持った私は、片っ端から彼の出演作品をレンタルして観ました。
そして、ちゃっかりドラマ版SPのDVDBOXも買いましてね。
最初は、役者の岡田さんにしか興味がなかったんですよ…最初はね…(笑)

まだ全ての出演作品は観てなかったんですが、ふと「V6の曲をちゃんと聴いてみたい」と思ったんですよね。
何故思ったのかわかりませんが、多分TVで歌って踊る彼らを見たのかな?
岡田くんが出てるし…なんて軽い気持ちで見てたんだと思いますが。

ツタヤにあるCDアルバムを一通りレンタルしまして…
「GUILTY」と「蝶」が妙に気に入って、そればっか聴いてました。
ツボった曲があったら、そればっかヘビロテしちゃうんですよねー。


…そして少し間があって…
(V6にはまる前から追いかけていたアーティストの活動休止、それに伴うライブツアーで久しぶりに遠征とかしてました)


年が明けて、2011年の7月に、ついにコンDVDに手を出し始めました。
一番最初に買ったのは「READY?(レディ盤)」です。
知ってる曲が多かったのと、当時一番最新だったからこれにしたんだと思います。

当時書いていたブログにちょろっと感想みたいなのがあったんですが、

岡田師範の、ファンへの煽りのレパートリーの少なさに吹いた(。´艸`)
「みんなで一緒に〜」って何回言ったよ(笑)
「へいへいへーい」って何回言ったよ(笑)

…こんな感じでね。
ツイッターとかでも散々ネタにしてましたさーせん(笑)


歌って踊る、キラキラした6人の姿に完全に魅了された私は…
ここからドドドドー−ーッとDVDを集め始めるのでした。

そして、最初は岡田さんがお気に入りだったはずが…
色んなCDやコンDVDを見聞きするにつれて、トニセンにグググッと惹かれていきまして。
坂本さんと井ノ原さんの歌唱力の高さにビビりましたねん。
んで…気付けば、坂本&長野の長老コンビに気持ち悪いくらいデレデレですねん。
私ってホント年長コンビに弱いわね…。(笑)


それにしても。

キンキ繋がりでJフレのCDを買ってたり(多分親に買ってもらったんだと思う…)
学校へ行こうも見てたりしてたはずなのに、当時のV6の記憶が全然ありまへんのや。
イノッチさんの高校受験とか、マーサ坂本とか、「なんかあった気がするなぁ…」程度の記憶。
働き始めたりもして、いつしかガコイコは全く見なくなったんですけども。

あーもう…惜しいことをしてるなぁ…。
その時はその時で、別に夢中になっているものがあったんだろうからそれはそれで良かったんでしょうけど。


私はまだ、V6のコンサートには行った事がありません。

次がいつになるか分からないけど、コンサートに行って、生の彼らを体感するまでは、
V6というグループは私の中で2次元の住人なんですよね…。


まだまだ新規ファンですが、私なりのやり方で彼らについていきたいなーと思っています。